HOME取扱保険サービスがん保険ってなに?

資料請求

取扱保険サービス 生命・死亡保険 医療保険 ガン保険 引受緩和型保険(持病をお持ちの方の医療保険) 個人年金保険 学資保険 介護保険 自動車保険 火災保険 傷害保険 ゴルフ保険 海外旅行保険 法人向け保険
おすすめ商品

火災保険の達人

がん保険専門ショップ

取扱保険サービス/がん保険ってなに?

ガン保険

ガン保険とは、ガンになったときに給付金や入院、手術の費用に備えるためのものです。
今や2人に1人はガンになる※といわれ、日本人の約3人に1人がガンで亡くなっている※のが現状です。
ガンは、通常の医療保険でも補償されますが、入退院を繰り返すことが多いことや入院が長期にわたるケースや公的な健康保険が適用されない先進医療による治療をするケースもあります。ガンの治療法も多様化してきています。代表的な治療法として、手術、化学療法、放射線治療があります。
以前は不治の病と恐れられたガンも、最近の医療技術の進歩によって、治療成績は向上しております。
各社とも医療技術の進歩に対応したガン保険を販売してきています。
保険期間で2つのタイプ(終身型と定期型)があります。

          ※東京大学医学部附属病院放射線科准教授
           緩和ケア診療部長 中川恵一著:「ビジュアル版がんの教科書」

ガン先進医療について

重粒子線治療の費用(先進医療部分)

兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市) 2,883,000円
独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター病院(千葉県千葉市稲毛区) 3,140,000円
群馬大学重粒子医学研究センター(群馬県前橋市) 3,140,000万円
(治療費は2013年5月に各病院のホームページを調査)

*「先進医療」とは厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます

資料請求はこちら