HOME取扱保険サービス火災保険ってなに?

資料請求

取扱保険サービス 生命・死亡保険 医療保険 ガン保険 引受緩和型保険(持病をお持ちの方の医療保険) 個人年金保険 学資保険 介護保険 自動車保険 火災保険 傷害保険 ゴルフ保険 海外旅行保険 法人向け保険
おすすめ商品

火災保険の達人

がん保険専門ショップ

取扱保険サービス/火災保険ってなに?

火災保険

火災保険は、建物や家財等の財産が、万一、火災や自然災害・盗難等の危険に見舞われたときに、その損害を補償する保険です。
自分のところが火元ではなく、近隣からの類焼の損害に備えるためにも必要です。日本には失火責任法、民法709条にて、隣家に重大な過失がない限り隣家からの補償はまったくありません。
火災保険は火事だけを補償しているのはありません。風災、ヒョウ災、雪災、給排水管の水漏れ、水災、盗難にも対応しています。臨時費用や後片付け費用などの費用保険金もあります。
地震に対応するためには別途、地震保険に加入することが必要です。
各社いろいろな割引制度やリスク細分型の保険等により、必要な補償を選択することで保険料を抑えることができるようになりました。地域、建物によって、リスクを選択することで保険料を抑えることが可能です。

新価(再調達価額)実損払と時価払について

『時価払』の火災保険では、時価額をご契約金額としてご契約いただくため、火災などにより建物に損害が発生すると、 今までと同等の建物を建てることができませんでした。
(注)貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨とう、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるものについては、時価額を基準にお支払いします。
※再調達とは、建物:修理または再築すること、家財:修理または新品を購入することをいいます。

資料請求はこちら