HOME取扱保険サービス法人向け保険ってなに?

資料請求

取扱保険サービス/法人向け保険ってなに?

法人向け保険

法人向け取扱保険一覧
自動車保険
火災保険
賠償保険
傷害保険
建設工事保険
組立保険
店舗保険
動産総合保険
経営者の必要な保険

建設工事保険
建設工事保険は、建築中の建物に不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。近年、建築技術の向上と建物の多様化が進むなかで、工事をとりまく危険はますます複雑になってきています。

個別契約と総括契約があります。

個別契約とは請負った工事ごとに保険の契約をする方式です。
総括契約とは1年間に施行するすべての工事をまとめて契約する方式です。

総括契約のおすすめ

保険の申込みは、ご契約時の1度で済みます。
また、ご契約時に予め特定した種類の工事で保険期間内に着工施行される工事が自動的に補償されるため、保険の手配漏れの心配がありません。


建設工事保険では、ビルや住宅などの建物の建設工事現場における不測かつ突発的な事故によって生じた、物的損害を補償します。保険の対象となる工事の目的物などを損害発生直前の状態に復旧するのに直接要する再築、再取得または修理の費用(復旧費)をお支払いします。
保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用(残存物取片づけ費用保険金)をお支払いします。
事故により臨時に発生した費用(臨時費用保険金)をお支払します。

資料請求はこちら

組立保険
建物の内・外装工事、電気設備工事・空調設備工事・給排水設備工事・ガス設備工事等のビルの設備工事中の工事対象物に、また、機械設備や鋼構造物などの据付け、組立て中に不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。

個別契約と総括契約があります。

個別契約とは請負った工事ごとに保険の契約をする方式です。
総括契約とは1年間に施行するすべての工事をまとめて契約する方式です。

総括契約のおすすめ

保険の申込みは、ご契約時の1度で済みます。
また、ご契約時に予め特定した種類の工事で保険期間内に着工施行される工事が自動的に補償されるため、保険の手配漏れの心配がありません。

組立保険でお支払いする事故の例

火災、破裂または爆発による事故
組立作業の欠陥による事故
暴風雨、高潮、洪水、氾(はん)濫、落雷、冷害、氷害またはこれらに類似の自然変象(現象)による事故
設計・材質・または製作の欠陥による事故
ショート、アーク、スパーク、過電流、空中電気の作用、その他の電気現象による事故

資料請求はこちら

店舗保険
店舗の保険としては、火災保険でなく、その店舗の売り上げを守る休業補償保険やお客様とのトラブルが発生した時の賠償責任保険にも備える必要があります。
店舗運営に必要な3つリスクに備える。
・建物・設備什器等を守る保険
・店舗営業における第三者への賠償リスクに備える保険
・休業損失を補償する保険

火災保険

建物をはじめ、一つの建物内に収容している什器設備、備品、機械等一式、商品製品原材料等一式を保険の対象とすることができます。賃貸物件であれば、大家さんに対する借家人賠償保険も必要です。

賠償責任保険

施設内の事故、常務業の事故、販売製品の事故に備える保険です。

店舗休業補償保険

営業継続不能による粗利益の補償、営業継続のための貸店舗賃料などに備える

資料請求はこちら

動産総合保険
事業用の什器、設備、機械、器具、商品などの動産を対象とした総合保険です。
運送昼夜使用中の破損や盗難など偶然な事故による損害を補償します。

契約方式により補償する範囲が広がります

商品在庫品包括契約

卸売業者、販売・小売業者などの流通過程にある商品・製品・在庫品を保険の対象として、保管中・運送中を問わず包括的に補償します。
また、すべての流通過程を対象とする必要はなく、ご希望に応じて補償の範囲を限定することも可能です。
さらに、変動する在庫高に応じた保険料でご契約することもできます。

特定動産契約

個々の動産ごとに保険をつけるご契約方法です。
建設現場における建設機械や測量機器などの事業用の動産、カメラや楽器などの生活用動産など、さまざまな動産を対象とします。
保管中だけでなく、使用中や運送中を含めて補償します。

現金・小切手契約

現金・小切手について火災や盗難、その他の偶然な事故による損害を補償します。
店舗や事務所内の保管中だけでなく、運送中を含めて補償します。

展示契約

展示会、見本市などへの出品物を対象とした契約で、会場への往復の運送中、会場での展示中の損害を包括的に補償します。
展示会ごとのご契約にすることも、1年間まとめてのご契約にすることも可能です。

資料請求はこちら

経営者に必要な保険
まず、加入目的を考える。
節税対策、事業保障対策、死亡退職金・弔慰金対策、
勇退退職金対策、相続・事業承継対策など。

逓増定期保険

一定の期間を超えると、保障額が一定の割合で逓増していき、大きな保障で企業を守ります。決算時に保険料を損金算入することで、税効果が得られる場合もあります。平成23年4月1日現在施行中の税制によるものです。将来的に税制の変更等により記載されている内容が変更となる場合がありますのでご注意ください。*具体的な取り扱いについては、税理士等の専門家にご相談ください。

■ 逓増定期保険の特長
  • 保険金額がある期間を越すと逓増します。
    ニーズに応じて、責任が大きくなる時期に合わせ、大きな保障を実現。時間の経過に伴い、保険金額が逓増します。
  • 大きな保障で企業を防衛できます。
    万一の場合の事業保障資金として、企業を防衛します。
  • 勇退時には
    契約者を個人に変更し保障を継続することも、解約して解約返戻金があれば退職金の財源に充てることもできます。
  • 保険料の経理処理
    経理処理に際しては、所轄税務署または顧問税理士にご確認ください。

長期平準定期保険

長期的に、万が一の時に備えて保障をします。

■ 長期平準定期保険の特長
  • 長期にわたる大型保障で企業を守ります。
    長期にわたって、大きな保障を確保できます。被保険者に万一のときに支払われる死亡保険金を死亡退職金・弔慰金の財源に、または借入金の一括返済や事業承継対策資金にご活用いただけます。
  • 勇退時には
    退職金・弔慰金の財源が不足したときや、急な資金の需要があった場合には、解約返戻金をご活用いただくこともできます。
  • 保険料の経理処理
    経理処理に際しては、所轄税務署または顧問税理士にご確認ください。

定期保険(無解約返戻金)

経営者の万が一という時に備えて、大型保障を確保出来る保険です。
また、解約返戻金をなくすことで、保険料が割安になっています。

■ 定期保険(無解約返戻金)の特長
  • 大型保障で企業を守ります。
    経営者に万一のとき、大きな保障で運転資金や事業保障の確保などにご利用いただけます。
    また、死亡退職金、弔慰金準備にもご活用いただけます。
  • 保険料が割安です。
    保険期間を通じて解約返戻金をなくすことにより、保険料を割安にしています。ご契約後は被保険者の健康状態にかかわらず、保険期間満了後も自動更新によりご契約を継続いただけます。
  • 保険料の経理処理
    経理処理に際しては、所轄税務署または顧問税理士にご確認ください。

ガン保険

がん保険は、がんによる入院・通院・手術などによる、経営者の長期休業のリスクを保障したり、社員の福利厚生の充実が図れます。

■ 経営者向け がん保険の特長
  • がんに対する大きな保障が得られます。
    経営者や役員に万一のことが発生した場合の事業保障資金を確保できます。(がん以外の死亡でも保険金を受け取ることができます) また、弔慰金、死亡退職金などの財源に活用できます。
  • 福利厚生の充実が図れます。
    従業員のガン・入院に備えることができます。
  • 勇退時には
    契約者を個人に変更し保障を継続することも、解約して解約返戻金があれば退職金の財源に充てることもできます。
  • 保険料の経理処理
    経理処理に際しては、所轄税務署または顧問税理士にご確認ください。

養老保険

養老保険は、役員・従業員の万一の時に備えながら、計画的な退職準備金ができるプランです。

■ 養老保険の特長
  • 福利厚生制度の充実が図れます。
    役員・従業員の万が一に備えて、死亡退職金・弔慰金、見舞金などが準備できます。
  • 満期保険金は退職金としてご活用いただけます。
    貯蓄性の高い養老保険のご利用となるため、保険期間の満了を定年年齢に設定することで、満期保険金の退職金などの財源にご利用いただけます。
  • 保険料の経理処理。
    経理処理に際しては、所轄税務署または顧問税理士にご確認ください。

資料請求はこちら